年賀状の「挨拶文=添え書き」を入力します
この部分も賀詞と同様、「定型文:決まり文句」がいくつかあります
友人関係なら自由なメッセージを書けますが、上司や目上の相手に出す場合はやはり無難な「文例」から選んだ方がいいかもしれません
年賀状文例:フォーマルな挨拶文 | 年賀状文例:カジュアルな挨拶文

1.Wordで年賀状・挨拶文作成 テキストボックスの挿入

前ページで作成した「賀詞」のテキストボックスが表示されている状態なら「描画ツール」−「書式」の左側「図形の挿入」グループに
「テキストボックス」の挿入ボタンが表示されているので、プルダウンメニューから「縦書きテキストボックスの描画」をクリックします

年賀状作成・Wordのテキストボックス描画

Wordで年賀状|テキストボックスの挿入での説明に従って、年賀状素材の上に挨拶文用のテキストボックスを作ります
※フォントの種類は賀詞と同じもの、サイズは10.5に設定しました

年賀状の挨拶文のエリアを指定 年賀状の挨拶文のフォント指定

2.Wordで年賀状・挨拶文作成 挨拶文(添え書き)の文例を挿入

「賀詞」と同様に「文例」を利用します
ここで年賀状|文例(最も一般的な賀詞と挨拶文)を開き、Wordで年賀状| 賀詞の入力に従って「挨拶文の文例」をコピーします

年賀状挨拶文の例文1年賀状挨拶文の例文2

Wordに戻り、挨拶文のテキストボックスの入力位置のカーソルが点滅している状態で「ホーム」タブの左端にある「貼り付け」下の▼から貼り付けオプションを表示させて3つ並んだアイコンの右端(Aマーク=テキストのみ保持)をクリックします
年賀状挨拶文の貼り付けオプション

年賀状の挨拶文がペーストされました
年賀状挨拶文の挿入

3.Wordで年賀状・挨拶文作成 挨拶文の調整

テキストボックス枠の選択

挨拶文のテキストボックスの枠線をクリックして枠全体を選択します
(枠線が破線から実線に変わります)

 Wordで年賀状|賀詞の入力(行間)に従って、「行間オプション」から「段落」のダイアログボックスを開いて、
「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外します

全体の行間が詰まりました

年賀状挨拶文の行間調整1

次に「御多幸を」と「心より」の間をクリックしてカーソルを置き、Enterキーを押して改行します年賀状挨拶文の改行

さらに、「行間」の真上にある「インデント」ボタンを2度続けて押します
添え書きの調整3

最後の行の冒頭「本年も」の上にカーソルを置いて「インデント」ボタンを1度押します

年賀状挨拶文のインデントを下げる

年賀状挨拶文のインデントを下げる2

挨拶文2行目の「心より御祈り申し上げます」の下にカーソルを置いて、「行間」のプルダウンメニューの数値「1.5」を選んでクリックします

年賀状挨拶文の調整1 年賀状挨拶文の調整2

段落の行間を広げる

年賀状挨拶文の体裁が整いました

4.Wordで年賀状・挨拶文作成 年号の入力

Wordで年賀状|テキストボックスの挿入での説明に従って、年号用のテキストボックスを作ります
※フォントの種類は賀詞・挨拶文と同じもの、サイズは12に設定しました

「平成○○年 元旦」と入力します

年賀状の年号入力1

年号のフォント指定

文字色を変えてみました(「ホーム」「フォントの色」

年号入力3

差出人の氏名住所を宛名面に記載するなら、これで完成です
最後に各ボックスを選択して移動させ、年賀状素材イラストとのバランスを考慮しながら微調整しましょう

年賀状挨拶文の入力完了


差出人住所氏名を年賀状の文面に記載する場合は次へ…>>Wordで年賀状の作成|テキストの入力:差出人住所氏名>>