Wordで年賀状作成|差し込み印刷… 宛名面の印刷実行

印刷は、メニューバーの「はがき宛名面印刷」タブを開いて実行します

メニューバー画像

レイアウトの最終確認から始めましょう
「はがき宛名面印刷」タブの「レイアウトの微調整」ボタンをクリック

レイアウト画面・位置調整1

「レイアウト」ダイアログボックスが開いたら、「罫線のグリッド線を表示する」のチェックを外して「OK」を押します

 年賀状宛名面サンプル

枠線が非表示になって、宛名面の実際の印刷結果を確認しやすくなりました

1.Wordで年賀状の宛名面印刷 郵便番号位置からの微調整

「レイアウト」のダイアログボックスで郵便番号の位置を1mm単位で調整できます

レイアウト画面・位置調整2

「縦位置」は▲を押すごとに上へ、▼を押すごとに下へ1mmずつ移動します

「横位置」は▲を押すごとに右へ、▼を押すごとに左へ1mmずつ移動します

「印刷位置の調整値を保存する」にチェックを入れて「OK」をクリック

※調整の必要があると思われる場合だけ実行します
試し刷りの後に調整した方がいいかもしれません

※宛名面印刷のレイアウト設定保存と再開について

Word保存と再開1Word保存と再開2

1.Wordで年賀状の宛名面印刷 全てのレコードの確認

1枚目以降の全宛名のレイアウトを確認していきます

メニューバー2

「データ」グループにある を押すごとに、住所録の次の宛名面へ表示が変わります

宛名面の切り替え1宛名面の切り替え2宛名面の切り替え3

全てのレコードを確認し終えたら、必ず「試し刷り」をしましょう

どれか一枚、宛名を印刷してみます。「印刷」グループの「表示中のはがきを印刷」ボタンをクリック
「印刷」ダイアログボックスが開きますので、「OK」をクリックします

印刷メニューバー1

試し刷りの結果がよければ、次は本番の印刷です

印刷メニューバー2

「印刷」グループの「すべて印刷」ボタンをクリック
「印刷」ダイアログボックスが開きますので、「OK」をクリックします

印刷ダイアログボックス1印刷ダイアログボックス2

全て印刷できましたか? お疲れ様でした! 年賀状の宛名面作成はこれで終了です

完了宣言


次は、年賀状の裏面=文面の作成です>>Wordで年賀状の作成|年賀状テンプレート>>