Wordで年賀状作成|宛名の文字列… 年賀状の宛名面を最終調整

とりあえず、表示されるべき項目は全て表示され、宛名面としての不可欠な要素は備わっていますが、文字列の位置などがちょっと…?

年賀状宛名サンプル

それと文字が入力されていない空白の枠が残ってて気になりますよね?

これらは宛名面に記載しない余計なフィールドですので、削除してレイアウトを整えましょう

1.Wordで年賀状の宛名面最終調整 フィールドの削除

「差し込み文書」タブを開いて、「結果のプレビュー」ボタンをクリックして解除します

差し込み文書タブ

「フィールド名」で構成された年賀はがきレイアウト画像が表示されます

「会社名と部署名」「役職」
不要なフィールドです

フィールド表示画面

フィールドは表示位置ごとに境界線で囲まれています

「会社名と部署名」の枠の境界線をクリックして選択します 下の↓Point参照
境界線がハンドル付きの変形可能なエリア表示に変わりました

フィールド削除画面1  フィールド削除画面2

Deleteキー(削除キー)を押して削除します


Word枠の選択方法1Word枠の選択方法2

【枠の選択について】

最初のクリックで選択された枠の境界線は破線になっていると思いますが、この状態で削除すると、中のテキスト部分だけが消えて、枠自体は残ってしまいます

もう一度境界線にポイントすると、矢印型の十字ポインタが現れますから、その地点で再度クリックして下さい

枠の境界線が実線に変わります

この状態でDeleteキー(削除キー)を押せば、枠ごと消去できます

次に「氏名・連名」の表示位置にある「役職」というフィールド名をドラッグして選択します

フィールド削除画面3   フィールド削除画面4
この状態でDeleteキー(削除キー)を押して削除します

もう一度「結果のプレビュー」ボタンをクリックして元の画面に戻します

結果のプレビュー

年賀状宛名サンプル2

2.Wordで年賀状の宛名面最終調整 文字列の位置を調整

年賀はがきのレイアウト画面の「宛名の氏名と連名」の枠を住所側に移動させます

上記の↑枠の選択方法を参照して「宛名の氏名と連名」の枠を選択します
枠の境界線にポイントし、矢印型の十字ポインタが現れたら、それを起点にドラッグして枠を動かします

枠の移動方法1  枠の移動方法2  枠の移動方法3
レイアウト上、最も収まりがいいと思える位置に枠を移動させましょう

差出人のレイアウトも修正してみようと思います
「住所」「氏名」をもう少し離してみましょう

差出人の住所の最後尾にカーソルを置きます

メニューバーの「ホーム」タブを開いて、「段落」グループ「行と段落の間隔」のプルダウンメニューの数字を下へなぞると、差出人レイアウトの住所と氏名の間が離れますので、最適と思われる距離の数字を選んでクリックします

行間指定

差出人レイアウト1 差出人レイアウト2

さらに、差出人「氏名」の字間も調整してみましょう

「氏名」をドラッグして選択します
「ホーム」タブを開いて、「段落」グループの「均等割り付け」アイコンをクリックして解除し、さらにもう一度クリックします

均等割り付け1

均等割り付け2 均等割り付け3

「文字の均等割り付け」ダイアログボックスが開きます
均等割り付け4

「新しい文字列の幅」
右横の▲を押して指定します
ここでは「7字」を指定しました

均等割り付け5

※これらの調整はあくまで参考です。初期状態が好みなら、無理に変更を加えることはありません

ポイント画像 年賀状の最終レイアウト


次は、年賀はがきの宛名面を印刷します>>Wordで年賀状の作成|はがき宛名面印刷>>