Wordで年賀状作成|差し込み印刷… はがき宛名面印刷ウィザードで宛名面の大枠を設定

このページではWordの「はがき宛名面印刷ウィザード」を使って、Excelで作成しておいた住所録の指定と宛名面に記載する情報の設定を行います

まずは、Wordを起動【スタートスタートアイコン ⇒すべてのプログラム ⇒Microsoft Office ⇒Microsoft Word】しましょう

1.Wordで年賀状の宛名面作成・大枠を設定 はがき宛名面印刷ウィザードを起動して実行

メニューバー(最上段の横並びタブ)から「差し込み文書」タブを開いて、
「はがき印刷」
のプルダウンメニューから「宛名面の作成」を選んでクリックします

差し込み文書タブ

はがき宛名面印刷ウィザードの最初の画面が表示されます

はがき宛名面作成:画面1-1はがき宛名面作成:画面1-2

左側のメニューに則して画面が展開していきます

【画面1】

スタート画面です

ここではそのまま「次へ」をクリックします

はがき宛名面作成:画面2-1はがき宛名面作成:画面2-2

【画面2】

はがきの種類の選択画面です

一番上の「年賀/暑中見舞い」のラジオボタンが選択されていることを確認したら、「次へ」をクリックします

はがき宛名面作成:画面3-1はがき宛名面作成:画面3-2

【画面3】

はがきの様式の選択画面です

「縦書き」「横書き」のどちらかのラジオボタンを選択します
(ここでは「縦書き」選択してあります)

「次へ」をクリックします

はがき宛名面作成:画面4-1はがき宛名面作成:画面4-2

【画面4】

フォントの選択画面です

「フォント」横のプルダウンメニューから、宛名に使うフォントを選んで指定します
(年賀状の宛名面に印刷される文字ですから、毛筆書体なら楷書か行書などの読みやすい書体がベターだと思います)

「次へ」をクリックします

はがき宛名面作成:画面5-1はがき宛名面作成:画面5-2

【画面5】

差出人の情報入力画面です

「氏名」の入力では、必ず「姓」と「名」の間に1文字分のスペースを空けます

「郵便番号」半角数字でハイフンを入れます

「住所」が長くなる場合は後半部分を「住所2」に入力します

宛名面に差出人の住所・氏名を記載しない場合は、「差出人を印刷する」のチェックを外します

「次へ」をクリックします

はがき宛名面作成:画面6-1はがき宛名面作成:画面6-2

【画面6】

宛名に差し込む住所録を指定する画面です

ここではサイトの流れとして、Excelで住所録を作成した前提で進めますので、「既存の住所録ファイル」を選んで指定します

「住所録ファイル名」横の「参照」をクリックし、住所録ファイルの指定
Excelで作成した住所録の保存場所(多くの場合、ライブラリ⇒ドキュメントの中)へ移動して、住所録のファイルを指定します

「次へ」をクリックします

はがき宛名面作成:画面7-1はがき宛名面作成:画面7-2

【画面7】

終了画面です

「完了」をクリックします

テーブルの選択

「完了」をクリックした直後に「テーブルの選択」ダイアログボックスが開きます

ここでは上記【画面6】で指定したExcel住所録のシートを選択するわけですが、Excelで住所録を作成する際、初期状態では [Sheet1] が選択されていますので、自分で何らかの変更を加えた覚えがなければ、このまま(Sheet1$選択←左図)でOKです

「先頭行をタイトル行として使用する」に忘れずチェックを入れて「OK」をクリックします

年賀はがきの宛名面を背景にしたレイアウトが表示されました

年賀はがき宛名サンプル1


次は、年賀はがきレイアウトの画面上で視覚的に細部の調整をしていきます>>Wordで年賀状の作成|フィールドの対応>>