Excel2010で住所録|文字列操作1…PHONETIC関数で「氏名」の情報から「フリガナ」を抽出して表示

前ステップで入力した「氏名」から「PHONETIC関数」を使って、自動で「フリガナ」の列を埋めます

PHONETICは「音声で読み上げる」という意味を持っています
「氏名」を入力した際の「読み」を記憶して、その情報を「フリガナ」として表示してくれるということなのです

1.Excelで住所録の文字列操作 非表示になっている「フリガナ」「姓」「名」を再表示

Aのセルでマウスボタンを押してそのまま右横にドラッグし、Eのセルで放すと、A列とE列全体を選択できます

色が変わった選択範囲内にカーソルを合わせて右クリックします
表示されたボックスの一番下「再表示」をクリックします

Excel住所録の項目再表示方法1Excel住所録の項目再表示方法2

Excel住所録の項目再表示画像

隠れていたB「フリガナ」C「姓」D「名」の列が再表示されました

2.Excelで住所録の文字列操作 最初の「氏名」から「フリガナ」を抽出

2行目のB列「フリガナ」の最初のセルを選択して、メニューバーの「数式」タブを開き、「その他の関数」のプルダウンメニューから「情報」を選び、そのメニューから「PHONETIC」を選んでクリックします

PHONETIC関数呼び出し1PHONETIC関数呼び出し2PHONETIC関数呼び出し3PHONETIC関数呼び出し4

「関数の引数」ダイアログボックスが開いたら、「氏名」の先頭のセル(A列2行)をクリック

PHONETIC関数設定1PHONETIC関数設定2

参照ボックス内にセルの列番号と行番号(A2)が表示され、その横に抽出された結果の「氏名=フリガナ」が表示されます
確認して「OK」をクリックします

PHONETIC関数設定3PHONETIC関数設定4

「フリガナ」が表示されました

PHONETIC関数設定5

3.Excelで住所録の文字列操作 オートフィル機能を使って全ての「フリガナ」を表示

「オートフィル」という機能を使って最初の行以降の全ての「フリガナ」を一括表示させます

Excelオートフィル1

PHPNETIC関数で表示させた「フリガナ」のセルの右下角にカーソルを合わせると黒い十字のポインタが現れます

この状態でマウスボタンを押して

Excelオートフィル2

真下にドラッグし、フリガナを表示させたい全てのセルを選択

選択された範囲の周囲が破線で囲まれ、点滅します

Excelオートフィル3

住所録の最後まで選択し終わったらマウスボタンを放します

全行の「フリガナ」が埋まりました

Excelオートフィル4Excelオートフィル5Excelオートフィル6

「オートフィル」規則的な連続データの自動入力機能です

住所録作成とは関係ないので、ここでは説明を省きますが、規則性を持った文字列(例えば曜日や五十音など)を一括表示させることもできます

左図の「フリガナ」範囲の右下にある小さなオートフィルアイコンをクリックするとオプションメニューが表示されますが、自分で必要な設定をしておけば、連続データの項目がこのメニューに追加されて使用可能になります


次は「姓」と「名」を分離して一括表示させます >>Excelで年賀状の住所録作成|区切り位置指定ウィザード>>