Excel2010で住所録|入力を開始…宛先の情報を1行ずつ入力

宛先の入力は「1つの宛先情報を1行に」が原則です。改行はできません
長い住所は「住所1」「住所2」に分けて入力します。

ここで、大事な確認です! Microsoft Office IME 日本語変換モードを「人名/地名」に設定してありますか?
うっかり解除してしまった場合は、再度設定し直してから入力を開始して下さい

1.Excelで住所録の入力 「氏名」を入力

2行目のA列のセルを起点にして、入力する全セルを選択します

Excelセルの選択方法画像1Excelセルの選択方法画像2

この選択範囲を維持したまま、キーボードで最初の宛名の氏名を入力します

!「氏名」の入力のポイント! 「氏名」の姓と名の間には必ず1文字分のスペースを空けなければいけません
(例)×高田雄一朗 ⇒ ○高田 雄一朗

Excel氏名の入力方法画像1Excel氏名の入力方法画像2Excel氏名の入力方法画像3

セルの幅が狭くて入力した文字が収まりきらない場合は、入力後にセル幅を広げます

Excelセル幅拡張方法画像

広げたいセルと隣り合うセルとの境界線にカーソルを合わせ、
十字の矢印が現れたら、その場でダブルクリックすると
範囲が広がります

!クリックではなく、ダブルクリックですよ!

「氏名」の入力が終わったら、Enterを押します 右横の「連名」のセルに自動で選択範囲が移動しましたね?

2.Excelで住所録の入力 「連名」「連名の敬称」を入力

この二つの項目は「連名」で出す宛先の場合だけ、入力します
「連名」を入力し終わったらEnterを押します。自動で右横の「連名の敬称」に移ったら「様」や「先生」などの敬称を入力してEnterを押します
「連名」がなければ、空欄のまま2度続けてEnterを押します) 右横の「住所1」のセルに選択範囲が移動しましたね?

年賀状宛名・連名の入力

3.Excelで住所録の入力 「住所1」「住所2」を入力

「住所1」には郵便番号かな変換モードのままで入力します。 Spaceキーを押すと郵便番号が住所に変換されましたね?
IMEかな変換:郵便番号から住所

「住所1」の残りを入力し終わったらEnterを押します。

長い住所の場合、宛名印刷のレイアウト上、収まりのいい箇所で改行します。改行したい後半の住所を「住所2」に入力してEnterを押します
Excelで年賀状の住所録・住所2の入力

(改行する必要がなければ、空欄のままもう一度Enterを押します)

自動で3行目の氏名のセルに移動しました
セルの移動
次の宛名の「氏名」を入力します

後は上記の動作を繰り返して、すべての宛名を入力していきます

Excelで住所録・宛名の入力完了


次は住所録の氏名に一括変換でフリガナをふります >>PHONETIC関数で文字列操作フリガナ>>