Excel2010で住所録|入力をスムーズに行うために…郵便番号変換ウィザード導入と入力のための詳細設定

Wordの「差し込み宛名印刷」機能と連携させるために、Excelの仕様に適った住所録を作成する必要があります。
いくつかの大事なポイントを外すと、「さあ、印刷!」って時に「嘘 ?! ダメじゃん!」になって、最悪作り直しなんてことも。
そんな事態を避けるためにも、基本的な設定は念入りにやっておきましょう。

1.Excelで住所録を入力する前の下準備 郵便番号変換ウィザード・郵便番号辞書/更新プログラムのダウンロードとインストール

郵便番号変換ウィザードはExcelのアドイン(拡張機能)で住所録の入力にとても便利な機能ですが、Microsoft Officeのホームページからダウンロードしなければなりません。郵便番号辞書の最新データと共にインストールしておきましょう

郵便番号変換ウィザードをダウンロード:↓のURLの「Excel2010用アドイン郵便番号変換ウィザード」をクリックしてダウンロードします
http://excelzipcode7japan.codeplex.com/releases/view/48005

郵便番号変換ウィザードのアイコン

ダウンロードしたzipcode7.xlaを右クリックしてコピーします

スタート ⇒ コンピューター ⇒ Windowsのあるハードドライブ(通常C) ⇒ Program Files(×86)(64bitの場合はProgram Files)
⇒ Microsoft Office ⇒ Office14 ⇒ Libraryの順に開いて、Libraryフォルダの中にペーストします
Libraryフォルダ内の画像

郵便番号辞書の最新データをインストール:↓のURLの「ダウンロード」ボタンをクリックし、ファイルをダウンロードします
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=973

郵便番号辞書ファイルのアイコン

ダウンロードしたzd201112.exeをダブルクリックします

セットアップ プログラムの指示に従ってインストールを完了します


Excelを起動【スタートスタートアイコン ⇒すべてのプログラム ⇒Microsoft Office ⇒Microsoft Excel】します
メニューバー(一番上の横並びメニュー)の左端にある「ファイル」タブを開き「オプション」をクリックします

「Excelのオプション」ダイアログボックスが開いたら、最下部にある「管理」横のプルダウンメニューから「Excelのアドイン」を選び、「設定」をクリックします

さらに「アドイン」ダイアログボックスが開きますので、「有効なアドイン」の中から「郵便番号変換ウィザード」のチェックボックスにチェックを入れて、「OK」をクリックします

Excel郵便番号変換の設定画像1Excel郵便番号変換の設定画像2Excel郵便番号変換の設定画像3Excel郵便番号変換の設定画像4

Excelのメニューバーから「アドイン」タブを開きます
左側にある「ウィザード」横の▼を押してプルダウンメニューに「郵便番号変換」がちゃんと表示されているかを確認しておきましょう

Excel郵便番号変換表示画像1Excel郵便番号変換表示画像2

2.Excelで住所録を入力する前の下準備 入力方向の詳細設定

住所録は1行ごとに左から右へ効率よく入力していきたいので、手動でカーソルを移動させないで済むように入力方向を「右」に設定しておきます

「ファイル」タブを開き「オプション」をクリックします

「Excelのオプション」ダイアログボックスが開いたら、左サイドメニューにある「詳細設定」をクリックします

切り替わった右画面最上部の「Enterキーを押した後にセルを移動する」のチェックボックスにチェックを入れて、「方向」横にあるプルダウンメニューから「右」を選び、「OK」をクリックします

Excel詳細設定画像1Excel詳細設定画像2Excel詳細設定画像3Excel詳細設定画像4

これで、一つのセルに入力してEnterを押すごとに、自動で次のセルにカーソルが移動するようになりました

3.Excelで住所録を入力する前の下準備 Microsoft Office IME 日本語変換モードを「人名/地名」に設定

言語設定がMicrosoft Office IMEになっていない場合は、既定の言語を「日本語(日本)Microsoft Office IME 2010」にしておきます
「入力モード」「ひらがな」にして、「変換モード」「人名/地名」にします

IMEモード切替設定画像

この設定をすることで、郵便番号から一発変換で住所の入力ができるようになります


次は住所録作成に着手 >>Excelで年賀状の住所録作成|住所録の項目を作成・項目ごとに入力設定>>